江戸・戦前・戦後の古地図を眺めてみませんか?

東海道分間延絵図/第2巻/保土ヶ谷・戸塚・藤沢/五街道分間延絵図

トップ > オークション > 本、雑誌 > 古書、古文書 > 古地図

東海道分間延絵図/第2巻/保土ヶ谷・戸塚・藤沢/五街道分間延絵図 Image1 東海道分間延絵図/第2巻/保土ヶ谷・戸塚・藤沢/五街道分間延絵図 Image2 東海道分間延絵図/第2巻/保土ヶ谷・戸塚・藤沢/五街道分間延絵図 Image3    
商品の詳しい説明⇒
出品者の評価を確認

2019-11-12

出品者「contact_13k」さんからのコメント

○ 商品詳細 ○ 東海道分間延絵図・第二巻・保土ヶ谷・戸塚・藤沢/五街道分間延絵図解説附属 19cm*44cmの大判です。定価25000円 3kg超えますのでゆうパックでの発送となります。東海道分間延絵図は、江戸幕府の道中奉行所が、寛政年間(1789〜1801)から文化3年(1806)にかけて、東海道を実際に測量して描いたもので、問屋・本陣・脇本陣・寺社・旧跡・一里塚・見付・高札場・道標・橋などが詳細に記入されています。江戸時代の宿場の様子を知る上でたいへん貴重な史料です。「東海道分間延絵図」は、江戸幕府が東海道の状況を把握するために、道中奉行に命じて作成した詳細な絵地図です。 幕府は東海道の他にも、中山道、甲州道中、奥州道中、日光道中の五街道と、それらに付属する街道地図も同時期に作成しています。それらを含めて「五街道分間延絵図」(正式には「五海道其外分間見取延絵図」)と呼んでおり、「東海道分間延絵図」はその一部で、東海道だけで全13巻に及びます。 「五街道分間延絵図」作成の命が出されたのは寛政年中(1789〜1801)のことで、文化3年(1806)に完成しています。現在、東京国立博物館と逓信博物館に所蔵されています。 絵図には、沿道の主な建造物では、問屋、本陣、脇本陣、寺社などが丹念に描かれています。また一里塚、道標、橋、高札なども描かれています。 縮尺は、実際の1里を曲尺の7尺2寸に縮尺して描かれており、道の曲がりの急なところは、そのまま描いてしまうと地図の天地が長くなってしまうので、実際にはゆるい曲がりにし、そのわきにたとえば北に何分と記して、本来の曲がり具合を示しています。 中古品ですので傷・黄ばみ・破れ・折れ等経年の汚れはあります。ご理解の上、ご入札ください。外箱傷、小汚れ、小破れ。ページ小黄ばみ。もちろん読む分には問題ありません。332983

©日本地図・白地図 無料素材 JAPAN47